スピーカーの枠を超え、”楽器” の響きを目指した 桐スピーカー、誕生。

桐スピーカー1

 

皆さまこんにちは。

東京都心では連日雨が降り続き、梅雨に逆戻りしたような気候ですね。

雨が降ったり止んだりと不安定な時は、Gibson Brands Showroom TOKYO内で、快適な音体験をしてみてはいかがでしょうか。(月曜日は定休日となります)

現在、Gibson Brands Showroom TOKYOでは、全く新しいタイプのスピーカーを展示中。

 

ONKYO D-KR1

 

そのスピーカー、キャビネットが桐でできています。

現在クラウドファンディングで先行販売中で、まだ一般には発売されておりません。

通常の商品企画やマーケティングの過程をふまず、開発者の想いを具現化することに注力して造られました。

通常は響きを「抑え込む」役割の筐体に、あえて「響かせる」手法をとり、四季折々の自然豊かな環境で育った日本人の感性に響く「生々しい、生きた音」・「聞こえない音」(倍音と言います)を再現し、音だけでなくその空間まで再現することを目指しました。

そのスピーカーには、「言霊ならぬ、「音魂」が宿っている。」(by開発者)

スピーカーを超え、1台でさまざまな音を奏でる”楽器”の視聴体験を、Gibson Brands Showroom TOKYOにてお楽しみください。

 

IMG_3710

その桐スピーカーの全貌はこちら

今年の夏もやってきました!ROOFTOP CINEMA2017のご案内

ROOFTOP CINEMA2017

 

皆さまこんにちは。

関東も梅雨明けし、いよいよ夏本番ですね。

この時期に毎年、目黒にあるレストランやギャラリーも併設する隠れ家的ホテル

CLASKAで行われるルーフトップシネマのご案内です。

(オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンが音響機材提供をしております。)

(ルーフトップシネマ2016のレポートはこちら

 

昨年の様子。たくさんのお客様にお越しいただきました。

昨年の様子。たくさんのお客様にお越しいただきました。

 

 

今年で9年目を迎えるルーフトップシネマ。

2017年第1弾の上映作品は、スウェーデン映画の「シンプル・シモン」。

 

© 2010 Naive AB, Sonet Film AB, Scenkonst Västernorrland AB, Dagsljus AB, Ljud & Bildmedia AB, All Rights Reserved.

© 2010 Naive AB, Sonet Film AB, Scenkonst Västernorrland AB, Dagsljus AB, Ljud & Bildmedia AB, All Rights Reserved.

 

世界中の様々な映画を様々な場所で上映する移動映画館

Kino Igul(キノ・イグルー)代表の有坂さん曰く、

北欧デザインのカラフルなインテリアや

ファッションがスクリーンを鮮やかに彩り、

スウェーディッシュ・ポップが物語に寄り添って軽快に流れるという、

まるで、ウェス・アンダーソンのようなポップな世界観!

かわいくて、やさしくて、おおらかな映画です。

とのこと!

 

ルーフトップシネマ2017第1弾は、

CLASKAの屋上(←ルーフトップ!)にて

7月24日(月)・25日(火)・26日(水)、19:30から上映いたします。

(雨の場合は中止になります。)

1ドリンク付きで1名¥2000、定員は80名です。

詳細はこちらからご覧ください。

 

そして今回はなんと、オンキヨーより、

世界にひとつ、自分の耳に最適にフィットするカスタムインイヤーモニター

各回ごとに参加者の中から抽選で1名様にプレゼントさせていただきます!

(当選者には、後日Gibson Brands Showroom TOKYOにお越しいただき、

耳型を採取していただきます。)

CIM

北欧デザインとスウェーディッシュ・ポップを楽しみ、

屋上に吹き込む風を感じながら、

映画の雰囲気にそったフードも味わえるルーフトップシネマ。

映画を楽しんだ後には、

カスタムメイドのイヤホンが当たるかもしれませんよ!

五感をフル活用して全身で夏の夜を楽しめるイベントとなっておりますので、

是非お越しくださいませ!

(お申し込みはこちらの「ご予約方法」のところを参照にお願いします。)

 

 

 

ランチタイムに本格ライブが楽しめる! ランチタイムミニコンサート@Gibson Brands Showroom Tokyo

lunch_89_L

 

皆さまこんにちは。

関東も梅雨入りし、近頃は雨が降ったり止んだりの不安定なお天気が続いていますね。

八重洲で急な雨に降られてしまった際には、Gibson Brands Showroom Tokyo にて最新のオーディオ機器に触れながら雨宿りなどいかがでしょう。

(祝日を除く月曜日は休館日となりますので悪しからず。)

Gibson Brands Showroom Tokyoでは、不定期ですがランチタイムにアーティストの方をお招きし、ミニコンサートを開催しております。

先日6月14日(水)には、ピアニストのチャック清水さんのソロライブが行われました。

 

 

全てのクラシック音楽の中で最も好きなのは、ドビュッシーの「夢」だそうです。

全てのクラシック音楽の中で最も好きなのは、ドビュッシーの「夢」だそうです。

キリリとした雰囲気のチャック清水さん、ドビュッシーの「亜麻色の髪の乙女」・「月の光」、ショパンの「別れの曲」・「ノクターン第20番「遺作」」、ピアニスト泣かせだというリストの「ラ・カンパネラ」を演奏していただきました。その場にいるだけでうっとりしてしまいました。

 

 

IMG_4921

が、チャック清水さん、演奏の合間にマイクを握ると別人に。

キリっとした雰囲気からは想像もつかないような面白楽曲解説&トークを繰り広げてくださいました。

演奏時とトーク時のギャップにハマり、ファンになってしまうこと請け合いです。

そんなチャック清水さん、つい先日、ピアニストとしての活動名を清水信守(しみずのぶもり)から「チャック清水」に改名したばかり。

なぜ「チャック」なのかは…こちらをご参照ください。

 

 

チャック清水さんのような若手実力派アーティストの演奏も多く行われているランチタイムミニコンサート。

不定期開催ですが、毎回主に近隣にお勤めの方などで賑わっております。

本格コーヒーを味わいながら、本格的な生演奏を無料でお楽しみいただけるランチタイムミニコンサート。

予約などの必要もないため、通りを歩いていたら音楽が聞こえてきたのでなんとなく入ってみようかな、というお客様もウェルカムでございます。

 

次回のランチタイムミニコンサート開催予定は、7月19日(水)と少し先になりますが、ピアニストの大村麗(おおむらうらら)さんと、オーボエ奏者の鏡味佑太郎(かがみゆうたろう)さんに出演いただきます。(詳しくはこちら

lunch_90_L

 

皆さまも平日のランチタイムに、少し優雅な気分になってみませんか??

Gibson Brands Showroom Tokyoにてお待ちしております!

※今後のランチタイムコンサートのスケジュールはこちらからご覧いただけます。

 

 

 

 

 

ハイレゾ入門にこそおすすめ!オンキヨーのDAP(デジタルオーディオプレイヤー)、rubato(DAP-S1)の魅力。

ONKYO DP-S1(rubato)

ONKYO DP-S1(rubato)

皆さまこんにちは!

外に出て歩くのが気持ちの良い季節ですね。

いつでもどこでもお気に入りの音楽を楽しめるDAP(デジタルオーディオプレイヤー)があると、さらにお出かけが楽しくなるのではないかと思います。

そこで今回は、オンキヨーより3月に発売されたハイレゾ対応DAP、rubato(DP-S1)の魅力をGibson Brands Showroom Tokyoの坂本よりご紹介いたします。

Gibson Brands Showroom Tokyoスタッフの坂本です。

Gibson Brands Showroom Tokyoスタッフの坂本です。

【ハイレゾ対応DAP、rubatoの魅力1-コンパクトなボディ】

音楽を毎日楽しまれる方は、持ち運ぶ際にコンパクトなことも重要かと思います。

ハイレゾ対応となりますと、どうしてもボディが大きくなってしまいますが、rubatoはH94×W63×D15mmととてもコンパクトなので、女性の小さな手のひらにもすっぽりと収まり、片手で簡単に操作することができます。

IMG_4688

【ハイレゾ対応DAP、rubatoの魅力2-長年使用していただける】

現在販売されているDAPは海外ブランドが多い中、rubatoは日本ブランドなので、サポート体制も万全です。まだ発売されたばかりですが、今後はファームウェアのバージョンをアップデートしていただき、常に最新の状態で使っていただける予定ですので、長くご愛用いただけます。

 

厚みのある音でより生音に近く、録音された時の空気感までも感じられると言われるハイレゾ音源。

今まで気にはなっていたけれど、敷居が高いイメージでなかなか足を踏み入れられなかった方にこそ、rubatoでのハイレゾデビューをおすすめいたします!

rubato(DP-S1)は、Gibson Brands Showroom Tokyoにて体験することができます☆

お近くへお越しの際は、是非お気軽にお立ち寄りくださいませ!

左:DP-S1(rubato) 右:DP-X1A

左:DP-S1(rubato)
右:DP-X1A

 

「レコーディング時の細かな息遣いまで聞こえちゃう」

Lightning_Vol277_表紙

3月28日発売のメンズファッション誌「Lightning(ライトニング)」5月号に、「レコーディング時の細かな息遣いまで聞こえちゃう。今まで聞いてきた、あの音は何だったんだ?~音源に込められたアーティストの想いをきちんと感じるためのスピーカー講座。」というタイトルで、昨年秋に発売したオンキヨーブランドのスピーカーScepter(セプター)CS-3が紹介されました。

今月号のLightningは、創刊23周年特大号。

「ずっと持ち続けたいライフタイムプロダクツ」という特集で、500ページ超のボリュームです。

無類のエルビス・プレスリー好きである706ユニオンのオーナー船橋羊介さんに、今まで何万回と聞いてきたというエルビス・プレスリーの名盤をScepterでお聴きいただき、コメントいただきました。

Gibson Brands Showroom Tokyoでは、様々な楽曲をハイレゾ音源にてご用意しており、Scepterをはじめとしたオンキヨー・パイオニアが誇る国産のスピーカーでご視聴いただくことができます。

皆さまも、ぜひ一度、「今まで聞いてきたあの音は何だったんだ?」という感覚を体験してみてください。

東京駅八重洲口に!

こんにちは!だんだん暖かく桜が綺麗な季節になりましたね!

さて、東京駅八重洲口を通られた方は気が付かれたかもしれませんが・・・・
只今、デジタルサイネージをオンキヨーの高音質スマートフォン「GRANBEAT」が席巻中です。

IMG_0136

 

IMG_0138

「GRANBEAT」は、ハイレゾ音源も愉しめるという高音質再生が可能なスマートフォンとして注目を集めています!

スマートフォンでありながら、シンガーの息づかいやミュージシャンの微妙なタッチや細かなニュアンスも感じ取ることが出来るというオンキヨー発ならではの製品です。

公式HPはこちら

Gibson Brands Showroom  TOKYO

にて試聴も出来ますので是非いらしてください。

IMG_0139

スタッフ一同、お待ちしております!

「2Wayスピーカー」のWayってなに?

皆さま、明けましておめでとうございます!

2017年も明けてから、2週目半ばになりましたね。

本年も、オンキヨーブログをどうぞよろしくお願いいたします!

さて、新年一発目は音響のオンキヨーらしく、音に関してお話ししたいと思います。

パソコンの内蔵スピーカーで音楽を聴いたり、テレビの内蔵スピーカーで映画を観ても、作品自体を楽しめることに変わりはありませんが、”いい音”で音楽を聴いたり映画を観たりすると、それまで感じていたその作品の世界観が驚くほどガラッと変わることがあるかもしれません。

そんな”いい音”体験をライブ会場や映画館に行かずともお家で体感させてくれるアイテムのひとつが、スピーカー。

スピーカーと一口に言っても、種類がたくさんありすぎて何がどう違うのかわからない!という方に、今回はスピーカーに関する簡単豆知識をお伝えいたします。

2016年11月に15年ぶりに復活したScepter(セプター)

2016年11月に15年ぶりに復活したScepter(セプター)

スピーカーの製品説明の部分で必ずと言っていいほど記載されているのが、この「○ウェイ」という言葉。

この○部分に入る数字が表すのは、スピーカーの筐体に入っているスピーカーユニットの数のこと。

スピーカーユニットとは、ものすごく簡単に説明してしまうと、スピーカーについている”あの丸い部分”のことです。

「ああ、あの丸い部分が2つだと2ウェイ、3つだと3ウェイなんだ」と思ってしまいますが、そこはもうちょっと複雑です。

丸があります。

丸があります。

スピーカーについてる”丸い部分”は、主に3種類あります。

まずは、高音域を担当する「ツィーター」、低音域を担当する「ウーファー」、そして「中音域」を担当する「スコーカー」があります。

 

・ツイーターとウーファーの2種類だと「2ウェイスピーカー」

・ツィーター、ウーファー、スコーカーの3種類だと「3ウェイスピーカー」となります。

 

 

■さて、これは何ウェイスピーカーでしょう??

丸い部分が4つなので、4ウェイ?

こちらは、ツイーター1つ、スコーカー1つ、そしてウーファーが2つなので、「3ウェイ4スピーカー」となります。

ちなみに、スピーカー1種類の場合は「1ウェイスピーカー」とは言わずに、全帯域をカバーするという意味で「フルレンジスピーカー」と言われています。

以上、スピーカー豆知識でした。

このように、一言でスピーカーと言っても音を出すのに様々な方法を用いて作られており、限られた条件下の中でより良い音を再現するために工夫されています。

スピーカーユニットが多ければ音が良いというわけではありませんが、どのようなスピーカーなのかを判断するためには持っていたほうが良い知識です!

それでは、本年も皆さまに”いい音”で音楽や映画を楽しんでいただけるよう、Gibson Brands Showroom Tokyoにてお待ちしております!

(2017年から「日曜・祝日」も営業しております。)

 

 

 

 

 

 

スイスの家具ブランドUSMモジュラーファニチャーとのコラボレーションで実現した特注品のオーディオラックをPhile-webでご紹介頂きました!

img_2906

インテリアにこだわる人にとっては、オーディオをどんな家具と組み合わせるかが悩みの種だとよく聞きます。インテリア空間にぴったりとマッチする且つお洒落なオーディオラックがなかなかないのです。

そんな悩みを解決するべく、USMモジュラーファニチャーとのコラボレーションで生まれたオーディオラック。
先日AV/オーディオ/ガジェット情報サイトPhile-webでご紹介いただきました!

http://www.phileweb.com/interview/article/201610/26/402.html

開発秘話などにも注目してください!

商品はショールームでもご覧いただけますので、是非!

INTEC、ついにヴェールを脱ぐ。

1_head_main_visual_intec_pc

さて、少し前からオンキヨーHPでもこちらのブログでも、皆さまをじらしてきた(?)INTEC。

10月21日(金)、ついにその全容が明らかになりました。

main

1993年に「日本の家庭に最適に設置できるオーディオコンポーネント」としてデビューしたオンキヨーのINTECシリーズ。

何度かのバージョンアップを経たのち、2009年に出たシリーズを最後に生産を終了していたこちらが、この度、7年ぶりに復活いたしました。

ネットワークレシーバー、CDプレーヤー、2ウェイ・スピーカーシステムで構成されているシリーズ内容を少し見てみましょう。

 

 

■ネットワークレシーバーR-N855(S)

r-n855_s_

まず、今回一番の目玉、INTECの要となるデジタルアンプ搭載のネットワークレシーバー。

スピーカーが持つ性能を最大限にいかし、余すところなく駆動させるために必要なのが、そのスピーカーに見合ったパワーを持つアンプ。コンパクトなボディでありながら、スピーカーを十分に駆動させるパワーはINTECならでは。

独自開発の「VL Digital」アンプにより、ハイレゾ音源までも高品位に再生することが可能。

さらに、ネットワーク機能付きなので、PCからの音を流すのはもちろん、e-onkyo musicと連動するe-onkyo musicダウンローダー機能により、スマホやPCを使って離れた場所から、レシーバーへ取り付けた外付けHDDにハイレゾミュージックをダウンロードすることが可能に。

INTECシリーズの可能性がぐんと広がりました。

 

 

■CDプレーヤーC-755(S)

c-755_s_

CD音源にこめられた音を忠実に再現するため独自の技術を投入。

もちろんデジタルファイルの再生にも対応し、スピーカー駆動能力も抜群な仕様となっています。

 

 

■2ウェイ・スピーカーシステムD-212EXT(D)

d_212ext_d_

なんと防弾チョッキにも使われる素材を使用した独自開発の振動板ウーファーにより、ハイレゾ音源に最適な音域と空気感を再生することができるスピーカー。INTECネットワークレシーバーが、こちらのスピーカーの性能を100%引き出してくれます。

 

 

コンパクトでありながら本格的な音が楽しめる”ハイコンポ”のジャンルを確立した記念碑的製品であるINTECシリーズ。INTEC愛用者の皆さまも、ハイコンポビギナーの皆さまも、7年ぶりに新しくなったINTECに是非、触れてみてください。

(11月中旬発売予定。)

オンキヨーホームにナゾの「INTEC」の文字が…

こんにちは。

オンキヨーホームページの「オンキヨーブランド製品」のトップ画面をご覧いただきますと、

以下のようなイチオシ製品の画像が代わる代わるでてきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-29-18-06-07

この画像にカーソルを合わせると、「矢印マーク」がおなじみの「指のマーク」なり、

それぞれの製品の詳細ページに飛ぶことができます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-05-18-24-02

気になった個所にカーソルを移動させて、そこをクリックすると次のページに移動する。

パソコンの画面上ではいたっておなじみの動きですよね。

が、そうならない画像を発見しました。。。

そこには、「INTEC」の文字が、、、。

intec_pre2

カーソルを合わせてみても、「矢印マーク」のまま、、、

次のページに移動しません。いったいこれは???

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-05-17-41-46

不具合???

いやいや、「矢印マーク」が「指マーク」に変わる日が来るのでは?

こうご期待!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-05-17-14-06